やわらかいってステキ

女体芸術学部のTommyです。

ちょいと冷え込んできた今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか(^-^)/

さて、本日はソフトスキンについて触れてみたいと思います。
先ずこれは何?というところですが、外皮ソフビパーツを柔らかくすることで、外皮パーツの
干渉を軽減し、フレーム本来の可動範囲を再現するという試みであります。

DSC08398.jpg

この写真のモデルさんは紫珠紅で、上胴・下胴・フトモモがソフトスキン仕様となっております。
フトモモの裏側が少し凹んでいるのと、フトモモが下胴に入り込んだ部分が少したわんでいるのが
分かりますでしょうか。
といことでご覧の通り正座ができるなど、ポージングはアレンジ次第という感じになります(*^_^*)
但し、柔らかくしたことでポージングによってはパーツが変に歪んでしまうことも・・・そこはうまく
逃がしてやる必要があるのですが、フトモモの場合ですと、フレームに対して外皮パーツのみを
少し回すなどして対処が考えられます。ちなみにこの調整方法はパーツ同士の隙間を減らすこ
とにも有効だったりします。
歪みを減らすもう一つの方法としては、外皮の内側(中)にスポンジなどを詰めて歪みを抑える
方法もあります。
私の場合はだいたいその2つの方法で調整しております。後は歪んだタワミをうまく筋肉表現の
演出として見せてしまう感じです(*’U`*)

そんな感じのソフトスキンパーツではありますが、普通の直立状態はもちろんですが、ちょいとし
たポージングではパーツが歪むことはほぼありませんのご安心ください。
ちょうどよい柔らかさ(触感)なので、特殊なポージングに限らず非常に綺麗なボディラインが楽し
めます。
是非、あなたもトライしてみてはいかがでしょうか~(#^.^#)

それでは私はまた妄想状態に入りまーす。
Tommy

【お知らせ】
 今回からブログが新しくなりました!よろしく御願いいたします!
 http://quarantottoangel.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Tommy

Author:Tommy
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃいませ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR